利久梅心庵でまったりランチ

太宰府天満宮の参道からは少し離れた場所にある、きもの利久さん。
そこのカフェへ行ってきました。

参道から離れているといっても、わずか徒歩3分ほど。
それなのに参道の賑わいと打って変わって、静かな住宅街の中でのんびりとした時間を過ごせます。

 

きもの屋さんの店舗の右端にある、喫茶の看板がカフェの目印です。
DSCF1842

この小道をずっと奥に進んでいきます。
DSCF1840

小道もそうでしたが、エントランスもスッとした印象です。
さすがはきもの屋さん、思わず背筋がしゃんと伸びるような佇まい。
だからといって、決して敷居が高いカフェではない、というのは後でわかりました。
DSCF1839

 

店内もまた、スッキリとして洗練された印象で気持ちが良いです。
テーブル席と、
DSCF1826

カウンター席とがあります。
DSCF1831

 

席から眺める中庭も、風情があって癒されます。
店内が静かなので、日常を忘れて本当にまったりとした時間です。
DSCF1827

DSCF1828

 

わたしは子供連れで行ったんですが、ものすごく丁寧な対応がありがたかったです。
子供用の椅子がないので、奥から座布団を持ってきて、高さを出してくださいました。
DSCF1832

 

ランチメニューの食前の、フレッシュなりんごジュース。
これが甘くて美味しいんです!
DSCF1829
子供の手におさまるほどの小さなグラスですが、果汁100%とは思えないほど濃厚な甘さで、それなのにスッキリとしていて、思わずため息が漏れるほど。
長野県から直送されているそうです。

 

それから、サラダ。
ドレッシングが美味なうえにボリュームもあり、野菜をたっぷり食べられて大満足です。
DSCF1830

 

そしてこちらが、メインの洋風鶏そぼろです。
DSCF1834
ふわふわ卵と、優しい甘さの鶏そぼろ、シャキシャキレタスとマヨネーズの組み合わせで、ご飯の量もけっこうボリュームがありましたが、息子と一緒にペロリと平らげてしまいました。
薄味なので、子供とシェアするのにちょうど良かったです。

 

サラダもメインの鶏そぼろも、こんなにボリュームがあるとは思っていなかったので…
単品で、厚切りトーストもオーダーしていました。

けれど、それが大正解!!
DSCF1835
外側はサクサクにトーストされ、中はふんわり柔らかい。
ほんのりと甘いパンは無添加で、大阪のパン屋さんからお取り寄せしているんだそうです。

鶏そぼろで既にお腹はいっぱいでしたが、このトーストは別腹!という感じで、こちらもペロリ。

ここまで美味しいトーストは、初めてです。
一口一口、感動しながらいただきました。

 

ランチセットの最後のデザートは、白玉だんごとホットコーヒーを選びました。
DSCF1836
ここで、またまた感動。
ホットコーヒーと一緒に運ばれてきたのは、シュガーではなくホイップクリームだったんです。
つまり、ウインナーコーヒーとして楽しめるということ。

この組み合わせがまた、嬉しかったです。

 

2歳児と一緒でしたが、久しぶりにゆっくりとしたひと時を味わえました。

お店の方々もとても柔らかい雰囲気で話しやすく、気持ちの良い時間を過ごせます。

幼い子供がいる間しばらくは無理ですが、いつか一人で来て、ぼんやりまったりとしたいなあと思いました。

 

料理も美味しい、雰囲気も素晴らしい、最高のお店です。
きもの屋さん=敷居が高い、というイメージが払拭されます。

 

利久梅心庵(HP
住所:福岡県太宰府市宰府1-2-25
電話:092-403-8739
営業時間:10:00~17:30
定休日:年末年始・お盆の期間
駐車場:有り

Ads by Google
2015-08-22 | Posted in グルメNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment